起業ノウハウ 2020年3月9日

エンジェル投資家とは?メリットや注意点を解説

エンジェル

こんにちは。スマカリの中村です。

「エンジェル投資家」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。

エンジェル投資家とは、起業してからまだ日が浅い企業に対して出資してくれる投資家のことを指し、資金調達の上では頼もしい存在であるといえます。

とはいえ、起業した人のすべてがエンジェル投資家による資金援助を受けられるわけではありません。

そこで今回はエンジェル投資家について説明したのち、探し方やメリット、注意点についてご紹介します。

エンジェル投資家とは?

冒頭でも少し触れましたが、「エンジェル投資家」とは起業家のスタートアップに対して出資をおこなってくれる投資家のことを指します。

エンジェル投資家の立ち位置としては、家族・友人からの出資とベンチャーキャピタルからの出資や金融機関からの融資の中間に位置する存在ともいうことができ、立ち上げの段階においては非常に心強い存在といえるでしょう。

また金融機関やベンチャーキャピタルなどと比較すると扱う金額は少ないものの、エンジェル投資家は資金の出資だけでなく、経営のアドバイスや精神的サポートなど、個人だからこそできる新しい投資の形を生み出していることでも注目を集めています。

エンジェル投資家の多くは元経営者や起業家

エンジェル投資家の特徴として、元経営者や起業家に多いとされています。

基本的には自分が応援したいと思う先があったときに、金銭的・精神的なサポートを提供しています。

そのため、ときにはその事業の一線で活躍しているやり手の経営者を紹介してくれることもあるかもしれません。

探し方

エンジェル投資家がどのような人物で、どのようなことを行っているのか理解したところで、どのように探せばいいのだろうかと気になる方も多いですよね。

エンジェル投資家との出会い方として、ピッチコンテストへの参加やマッチングサイトへの登録を推奨しているケースが多々見受けられますが、一般的にそういったところでエンジェル投資家と知り合うことはなかなか難しいのが実情です。

また、仮にいたとしても出資を受けるまでの関係性を築くことができずに終わってしまうことの方が多いでしょう。

エンジェル投資家と出会うために一番確実な方法として、幅広い人脈を持つ人に紹介してもらう方法が挙げられます。

ベンチャー業界は紹介の文化です。

とはいえ、そんなに幅広い人脈を持つ人が周りにいないといった方も多いかもしれません。

その幅広い人脈を持つ人と出会うために、それこそマッチングサイトやピッチコンテストへの参加を検討してみてはいかがでしょうか。

いきなりエンジェル投資家に会おうとするのではなく、エンジェル投資家と会うための足掛かりを掴むためにビジネスイベントへ参加することは決して無駄なことではありません。

一歩ずつ着実に確かな人脈を築いていくように心がけましょう。

メリットとデメリット

ここでは、エンジェル投資家から出資を受けるメリットとデメリットをそれぞれ簡単にまとめてみました。

メリット

  • 出資以外でもサポートをしてもらうことができる
  • 事業の一線で活躍している著名な人を紹介してもらえることがある
  • 立ち上げたばかりでもまとまった資金を手に入れることができる
  • 銀行等による融資と異なり出資であるため返済義務や利息が生じない

デメリット

  • 金融機関やベンチャーキャピタルに比べると少額になる
  • エンジェル投資家と出会うこと自体がなかなか難しい
  • 事業に対して必要以上に干渉される恐れがある
  • 資本政策について合理的な考え方が備わっていないエンジェルと不利な条件で契約を交わした場合、後の資金調達に悪影響を及ぼす可能性がある
  • 詐欺まがいのトラブルに巻き込まれるリスクがある

エンジェル投資家から出資を受ける際の注意点

エンジェル投資家から出資を受けることが決定した場合において、いくつか注意しておきたいポイントを押さえておきましょう。

出資金の使用用途を明確にする

当然のことながら、エンジェル投資家に出資してもらった以上、出資金の使用用途には十分注意しましょう。

事業とは関係のないことに利用したり、なにかと浪費したりしているようでは信用問題にかかわるだけでなく、会社の経営自体が傾いてしまうことも。

そのため、出資金をどのような状況でどうやって利用するのかあらかじめ考えておきましょう。

ある程度口出しをされることは念頭においておく

エンジェル投資家もある程度まとまった金額を出資していることから、それなりに経営や事業に対して口を出してくることは覚悟しておく必要があります。

また、出資を受ける際に出資金に応じた議決権を譲渡しなければならないことも多く、場合によっては経営者よりも投資家が事業の実権を握っているなんてこともあるでしょう。(一般的にはこの状況は避けるべきと言われますが。)

いずれにせよ、エンジェル投資家から出資を受けた時点で自分一人の会社ではなくなる、というのは間違いありません。

事件や詐欺に巻き込まれないように気を付ける

エンジェル投資家を名乗り、新規起業家をだます事件がまれに起こっているそうです。

中でも、「投資してあげるからA事業をスタートさせてみないか?」といった声掛けから、怪しいビジネスに踏み入ってしまうケースがあるそうです。

また、万が一出資してくれた投資家が反社会勢力と関係を持っていた場合、あなたの今後の経営が非常にやりにくくなってしまいます。

エンジェル投資家が現れたからといってすぐに飛びつくのではなく、いまいちど冷静に相手を判断するようにしましょう。

まとめ

今回はエンジェル投資家について紹介した後、メリットや注意点等についてお伝えしました。

よいエンジェル投資家と上手に巡り合うことができれば、とても心強いパートナーとなってくれることは間違いありません。

記事内でお伝えした方法を参考に、ぜひ前向きに検討してみてくださいね。

著者:Jin Nakamura

\ オフィス探しならスマカリへ /